雨の米原駅

先月の名古屋出張からの帰り、北陸線への乗り換え口である米原駅にて、タイミングよく遭遇することが出来ました。

雨の中、電気機関車に引っ張られる格好で、「SL北びわこ」号が回送進入してきたのです。

既に営業運転は終了した後であり、京都のねぐらに引きづられて帰るだけです。

噂では、このカマ(C56160)は今期で引退、そして本日が最終ランになるとか。






まとわりつくスチーム。


雨の米原 (1)





これまでの労をねぎらうかの如く、機関士の優しい顔が印象的でした。


雨の米原 (2)





見送る人も少なく、いつも物悲しく聞こえるSLの汽笛を残し、雨の中を京都に向けて遠ざかっていきました。


雨の米原 (3)




にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

城端駅にて

伝統的建造物群保存地区の指定を受けている、富山県高岡市金屋町の街並みのイラストです。
よく見るとわかりますが、鉄道車両にペイントされたものですね。


キハ (1)





先日単車で向かったJR城端線の終点城端駅にて。


キハ (5)





我々の世代にはやはり、国鉄当時のオリジナル塗装の車両のほうが好みです。


キハ (3)





キハ (4)



いつまでも、キハ40系が行きかう鉄路であってほしいと願うばかりです。





にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

酷道157号線

金沢市と岐阜市をほぼ南北に山間部を貫く国道157号線は、いわゆる「酷道」として名高い。
金沢市から福井県大野市までは白山観光や、岐阜県白鳥や高山へ抜ける近道としてトラック等の大型車の利用も多い。
しかし、福井県から岐阜県へ抜ける温見峠は大型車の通行が制限されている峠道なのです。

休日をとってあった本日、紅葉狩りを兼ねて酷道走破にチャレンジ。



福井県側から南下し、温見峠に向けて高度を上げるにしたがって、樹木の色付きも目立つように。



 (1) 









道は徐々に細く、路面も荒れている部分があるもの、紅葉を楽しみながら走ることが出来る程の上りが続く。



 (2) 







温見峠で県境を越えると岐阜県へ。



 (3)







ネットの情報の通り、「洗い越し」が数か所。



 (4)







峠を超えて下り進むにつれ、道は徐々に広くなり、カーブの曲率も緩やかになるのが一般的ですが、この道は違いました。



 (5)








幾つかの集落も現れたりして、いよいよ「里に下りてきた」感があったのですが、そこからがやばかった。



乗用車でもすれ違い不能。右側は垂直に近い壁、左側はこれまた垂直に近い崖。ガードレールなんかも無し。とにかく、停車するのもはばかれるほどでした。
ですから写真はありません。

ようやく、道が広くなったところにゲートがあり、岐阜側から侵入するドライバーに注意を促す看板。

「落ちたら死ぬ!!」




 (6) 



これ、ジョークじゃあありません。まじです。

それにしてもこの看板、結構有名らしいですね。 私がバイクを止めている時、岐阜県側から車でやってきた若者がここで車を止めて、この看板の写真を撮っていました。彼は、この「看板の写真を撮る事」が目的で、先には行かずここでUターンするそうです。






にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

秋晴れの南砺

金沢市内から、交通量の極めて少ない県道で峠を抜けると、30分足らずで富山県に抜けることができます。
峠の山々は紅葉に染まるまでは後、半月ぐらい待たなければなりませんが、ススキの穂が、太陽光を受け止めて眩しく輝いていました。



南砺 (1) 





峠を下るとそこは富山県南砺市。 中学生の社会科で習った、「散村」で有名な砺波平野の南部、に位置する町です。
その散村を展望できる国道304号の展望駐車場までやってきましたが、高度が低いのか、散村らしい風景を望むことはできません。



南砺 (2)





城端という街の近くで、ティーゼル音を堪能。


南砺 (6) 





南砺 (3) 





南砺 (5)






南砺 (4)






南砺 (7)



JR城端線の終点である城端駅で休憩していると、駅員さんがわざわざ私のバイクのそばまでやってきて、「懐かしいCBだね!」、と感激をされておりました。ローカル線ならではなのですが、その駅員さんと暫く歓談したあと、城端の食堂で昼食、福光温泉という立ち寄り温泉で湯船に体をゆだねた後、往路と同じ峠でHM300の咆哮を轟かせながら帰路につきました。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

紅葉、再び。

デジタルカメラで旅の写真をパソコンにため込むようになって約15年以上。

丁度今頃はその昔、どこへどんな景色を見に行ったのか、直ぐに見返すことができます。


 8年前の秋の林道ツーリング。日にちは2008年10月12日。

万沢から湯田中に抜け一泊後、その日は快晴で、朝から奥志賀近辺の林道を駆け巡っていたことを思い出します。


再び (1)





再び (2) 





再び (3)





再び (4) 





再び (5)



今年も行かねば。 再び。



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top