スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

BMWスタイルの魅力

 友人が所有するBMW R1200GS。

 昨年12月、交差点で信号待ちをしていた時に乗用車に追突されたのですが、その事故に伴うリア周りの修理が完了したため、BMW Motorradへバイクの引き取りに付き合いました。追突した車も非常に低速だったため、友人はノーダメージ、またバイクもリア周りの破損のみ。ところが、交換パーツがたまたま国内に無かったのか、おそらくドイツ、もしくは海外のパーツセンターからの取り寄せとなったおかげで、納入が約一ヶ月以上もかかり、ようやく修理交換が完了したのでした。



DSC_4992_900.jpg 







 交換したのは、リアフェンダー、リアテールレンズ、マフラー、リアアクスル周り、等。
メンテナンスにお金がかかったり、今回のようにパーツの取り寄せに時間がかかるところが、外国車を所有する時に覚悟せねばならぬ課題ですが、このバイクにはそれをチャラ以上にする魅力があるようです。

DSC_4993_900.jpg 


DSC_5000_900.jpg 




 単なる「日本に無いデザイン」、ではなく、確かにその機構に見て取れる、コンセプト、伝統を継承することからにじみ出るスタイリングだと感じ取ることができます。水平対抗、シャフトドライブという当初戦時下の兵員輸送のために作られた軍用バイクの基本コンセプトを、ドイツ人らしくも頑なに守りつつ進化させた現代のバイクということでしょう。


DSC_5013_900.jpg



DSC_5016_900.jpg



DSC_5018_900.jpg



DSC_5020_900.jpg








 日本のバイクは、その時代時代に求められる性能やスタイルを提供することを目的に、それを実現するためには機構やスタイルを簡単に変えてしまうという傾向にありますね。



DSC_5029_900.jpg




 日本国内で今、もっとも売れているバイクの一台であることが頷けます。 でも、とってもいいお値段ですね。







にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:


VWのRR空冷エンジンも戦時下の要請によるものだとは聞いたことありますが、水平対抗2気筒もそうなのでしたか。
バイク市場が成熟期にある今、日本もメーカーも、一目でそれと分かるデザインが求められているのかもしれません。

4枚目のフレーム写真が秀逸です。
by: いちご * 2015/01/21 20:30 * URL [ 編集] | TOP↑


4号車と申します。お身体は大丈夫でしたのでしょうか?こういう外車はパーツ交換にお金がかかるのでしょうね?とても貧乏人には手が出ませんね。カメラ映りのせいなのか、リヤのホイールアクスルシャフトは空洞なのでしょうか?だとしたら何のために空洞なのでしょうか?スタックしたときの牽引ロープを通すために?
by: 4号車 * 2015/01/21 21:07 * URL [ 編集] | TOP↑


いちごさん、
フレーム写真を改めて見ると、エンジンのクランク軸からの回転出力がそのまま後輪に繋がっているのがよくわかります。
by: タロー * 2015/01/21 23:31 * URL [ 編集] | TOP↑


四号車さん、
友人はノーダメージでしたよ。リアのアクスルシャフトはまさに空洞で、黒いドーナツ状のリングとともに回転するのが不思議な感覚を覚えます。
by: タロー * 2015/01/21 23:35 * URL [ 編集] | TOP↑


汚れ一つない美しい車体に脱帽です。ダートで汚れるのは勿体無いですね。
by: s600 * 2015/01/27 08:31 * URL [ 編集] | TOP↑


s600さん、
傷は結構ありますよ。あえて避けて撮影しました。ちなみにマフラーにあった傷、凹みは今回の相手方保険で運よく(?)新品交換されました。
by: タロー * 2015/02/01 12:10 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。