スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

SSTRで出会った単車

 SSTRサンライズ・サンセット・ツーーリングラリーはその性質上、参加車両はアドベンチャー系がとても多い。ひときわ多かったと感じたのは、現在最も評価の高い単車のひとつであるBMW R1200GS。いやー、ほんとに多かった。やっぱり売れてるんだねぇ、と関心すると同時に、国産がんばれ! と言いたくなるのです。

 さて、その天下のBMW車の中でも、もっとも古い、いやもしかして今回の500台近い参加車両の中でもっとも古いのではないかと思われるのが、私の旧友が乗ってきた R75である。1972年製。 



DSC_1298.jpg





DSC_1299.jpg






DSC_1300.jpg



 今でこそ、このボクサーエンジンはR1200GSにしっくりと収まる見慣れた造形ではあるが、この時代のエンジンはやたらとシリンダーが突出しているようで、抜群の冷却効率であったのだろう。


DSC_1301.jpg 





DSC_1302.jpg 




前面から眺めると、まるで戦闘機を想像させる。
 

DSC_1318.jpg 





DSC_1321.jpg 




DSC_1323.jpg 





 やはり古い単車は、直し直し走らせるのが常です。


DSC_1328.jpg 




DSC_1334.jpg 




DSC_1377.jpg 




遠い昔、遠い異国からやってきたこのオートバイは、今ではすっかりニッポンのツーリング仕様になっていました。


DSC_1380_010.jpg







にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:

これは渋い
第二次大戦当時のサイドカーが走っていたりするくらいだから、やっぱり昔のOHV時代のBMWは丈夫で長持ちなんですかね。
ナンバーが大阪のようですが、ひょっとしてFUMC愛好会関係の彼ですか?
by: Bevel900 * 2014/06/15 21:28 * URL [ 編集] | TOP↑


水平対向エンジンの最たる長所は、何と言ってもその低重心である。次がシリンダーの冷却性、その次がクランク全長の短さであろう。BMWはこれらの長所を掲げ、ハイパーな馬力競争に置いていかれそうになっても長い間そのレイアウトを変えようとしなかった。さすがは頑固なゲルマン野郎ですな。さすがにモアパワーになったら直4出しましたけれど。
by: 猫の顔 * 2014/06/16 22:08 * URL [ 編集] | TOP↑


Bevel900さん、
このような一般人が所有しようとは思わないタイプ(好き嫌いは別にして)のオートバイに乗るのはFUMCのK氏しかいません。この秋の会合にこれに乗ってくるかはわかりませんが。
by: タロー * 2014/06/17 00:17 * URL [ 編集] | TOP↑


猫の顔さん、
頑固なゲルマン野郎の作ったバイクが、いまや日本でおおはやりですね。しかしこのBMWのオーナーは、古い、手がかかる、自分で分解できる、人が乗っていない、キックが付いている、ところが嗜好のポイントのようです。
by: タロー * 2014/06/17 00:22 * URL [ 編集] | TOP↑


タローさん。
沢山の画像有り難うございます。最後の疲れ果てたリアビューが恥かしい限りです。Bevel様、秋にお会いできれば幸いです。リンク先のS600にもお越しください。
by: s500 * 2014/06/17 12:46 * URL [ 編集] | TOP↑


先だって日本自動車博物館に行ってきました。
なかなかのもんですな。
CB750fourとかCB350とかが昭和の香り漂うトラックの後ろに隠されてたのが残念でしたけど。
ま、あくまでもメインは自動車ですからね。
by: 満太郎0分 * 2014/07/01 18:01 * URL [ 編集] | TOP↑


満太郎さん
そうなんですよ、二輪としてちゃんと展示してある、CB750FやXJ650Specialよりも、車の裏で埃りを被っている二輪車の方が価値としてはより高いものばかりのような気がしました。
by: タロー * 2014/07/01 23:56 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。