スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バイクと蒸気

 本格的な梅雨前の晴れた休日。いつものように信号の少ない湾岸エリアを流す。
ゲートブリッジを渡る前に側道から橋脚下でUターンすると、いつものように白バイが獲物をねらって静かに待機していた。




R0011586.jpg




 その後、ゲートブリッジを往復してから途切れ途切れの357号を南下、本牧まで下る。横浜ベイブリッジに一般道が通っているのを初めて知ることになる。偶然みつけた港の引込み線を辿っていくと、コンテナの積み下ろし場のような場所の片隅に、突然、蒸気機関車が鎮座しているのを見つけた。C56139であった。何人かの保守員が蒸気の足回りを点検しているように見える。しかし見たところ、ボイラーに火が入っているようには見えない。どうやら同じ線路上にいるディーゼル機関車が、その蒸気を車庫から引っ張り出したようだ。




R0011602.jpg




 後で調べたが、神奈川臨海鉄道やボランティア(?)の方々が保存・メンテしているC57139で、その一週間後には展示運転が行われたとのこと。運転といってもディーゼル機関車がプッシュしてのでも運転。しかしよく整備されている(外観を見る限り)ので、復活させることも難しくはなさそうだが。でも現在維持させている方々もかなり苦労されているように、ネットでは訴えかけていたようにも思えます。




R0011599.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。