FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

廃車体の行く末

 とある大型ホームセンターの広大な駐車場から、JR西日本の車両検修庫を眺めることができる。2月の寒波が通り過ぎ、大雪も一段落した暖かい日差しも指す日であったが、何やら普段目にすることがない遺物が仮設のレールの上に置かれているのに気が付いた。


近寄ってみると、その側枠の色と台車の特徴から、EF81であることがわかった。車に積んでいた35-105mmのマニュアルズームを装着していたNikon D700で盗み撮る。




DSC_7774.jpg 


DSC_7778.jpg








そして、隣には12系の1/4の車体。

こちらは綺麗に再塗装されている。想像するに、最近流行りの鉄道博物館なるものに展示されるための準備車両であるのだろうか。そういえば京都の梅小路蒸気機関車館が大規模鉄道博物館に改装される記事が少し前にあった。でも12系が展示対象車両となるのか?確かに一時期は大量に生産された車両であったけどね。





DSC_7776.jpg




DSC_7777.jpg





一方、EF81の方は残骸が置かれているとしか思えない風体である。切り取られた部分がすでに化粧されて何処かに運ばれたのだろうか?





おまけ。



DSC_7785.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
コメント:


EF81 EF65 EF58 EF66 当時の国鉄の華ですね、残骸でも良いので残してほしいと思います。
by: s600 * 2013/02/12 17:40 * URL [ 編集] | TOP↑


s600さん

中でもEF81は当時の最新鋭でした。日本海縦断用として、雪から碍子を守る屋根の銀色の囲いが眩しかった。それがもう大分数が少なくなったようです。
by: タロー * 2013/02/12 20:19 * URL [ 編集] | TOP↑


高校の行きには大阪駅、環状線ホームから、DD51に牽かれた福知山線の旧型客車、その前にはキハ82のまつかぜ1号。
2番線には東京から夜を超えて辿り着いたEF58牽引の20系客車の銀河が到着。
帰りは11番線から最新鋭24系25型の日本海をピカピカのEF81が牽いて行きました。
あの頃の様な活性を今の近郊列車群にはかんじられません。
by: mack * 2013/02/21 11:36 * URL [ 編集] | TOP↑


mackさん
そうそう、と思って自分のアルバムを見返してみました。1978.8.11 朝の大阪駅。581系彗星、なは、EF58の引く明星、まつかぜ、北越、しなの、そしてEF58+20系の銀河。懐かしいなぁ~  たぶん、高校時代の夏休み。
by: タロー * 2013/02/21 23:44 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。