SSTRで出会った単車

 SSTRサンライズ・サンセット・ツーーリングラリーはその性質上、参加車両はアドベンチャー系がとても多い。ひときわ多かったと感じたのは、現在最も評価の高い単車のひとつであるBMW R1200GS。いやー、ほんとに多かった。やっぱり売れてるんだねぇ、と関心すると同時に、国産がんばれ! と言いたくなるのです。

 さて、その天下のBMW車の中でも、もっとも古い、いやもしかして今回の500台近い参加車両の中でもっとも古いのではないかと思われるのが、私の旧友が乗ってきた R75である。1972年製。 



DSC_1298.jpg





DSC_1299.jpg






DSC_1300.jpg



 今でこそ、このボクサーエンジンはR1200GSにしっくりと収まる見慣れた造形ではあるが、この時代のエンジンはやたらとシリンダーが突出しているようで、抜群の冷却効率であったのだろう。


DSC_1301.jpg 





DSC_1302.jpg 




前面から眺めると、まるで戦闘機を想像させる。
 

DSC_1318.jpg 





DSC_1321.jpg 




DSC_1323.jpg 





 やはり古い単車は、直し直し走らせるのが常です。


DSC_1328.jpg 




DSC_1334.jpg 




DSC_1377.jpg 




遠い昔、遠い異国からやってきたこのオートバイは、今ではすっかりニッポンのツーリング仕様になっていました。


DSC_1380_010.jpg







にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ウェストコーストを目指す

 ラリーイベントに参加をしてまいりました。一泊二日の工程は、世界一過酷なラリー、「ダカールラリー」の日程を約10分の1に、また公道走行の為、当然法定を守っての移動、走行は日の出から日の入りの約14時間半で太平洋の海岸から石川県千里浜海岸を目指すツーリングラリーでありました。





 参加者各々に付与されたゼッケンを車体に張り、気分も高揚!


DSC_1172.jpg





 本番一週間前の、事前スタート地点への下見。日の出の東京湾某所。



DSC_1177.jpg 







 本番当日、時刻は朝、4時31分。



DSC_1229.jpg 








 道中はいろいろありましたが、夕方ようやく到達した、「千里浜なぎさドライブウェー」にて。



DSC_1237.jpg 







DSC_1242.jpg 





DSC_1257.jpg 






DSC_1258.jpg








DSC_1254-crop.jpg







DSC_1244.jpg







DSC_1245.jpg







DSC_1246.jpg








 ゴール地点では、ぞくぞくと到着する参加車両。


DSC_1273.jpg









DSC_1281_010.jpg






DSC_1284-crop.jpg







DSC_1279_010.jpg




気持ちはすでに、来年の出場に向けてのプラン策定へ。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

ウラルなバイク

 一台の大型バイクをオークションにて手放すことになりったのだが、落札された方がおもいもよらぬご近所様であった。また、かなりのオートバイ愛好家らしく、計16台の単車をお持ちであるとのこと。
 
 とても気さくなそのお方は、私の家へ来るたびにその都度、違うバイクでいらっしゃるのである。私の手放そうとしているバイクのオークション落札前の現車確認の時には、YAMAHA DT200の2スト最終型で登場。そして今回、引渡しの件で来られた時は、このウラルというサイドカーで現れた。





DSC_1432.jpg









DSC_1428.jpg








DSC_1413_010.jpg








DSC_1422.jpg 









第二次世界大戦前、当時のソ連がBMW R71のエンジンをコピーして作った軍事用サイドカーが起源であり、現在も生産されているという。また、福井県三国町に日本総代理店の会社がありました。



DSC_1423.jpg









DSC_1442.jpg 







DSC_1419.jpg 








DSC_1424-crop.jpg 







DSC_1439.jpg







 このお方は時を同じくして、YAMAHA XTZ750も購入された、とのこと。

 趣味の志向、楽しみ方はいろいろあれど、好きなバイクを「所有する」、いわゆるコレクターなのであろう。入手するバイクは全て「ノーマル」の状態で購入、またはノーマルに戻す、との事。




DSC_1445-crop.jpg




 この次は、どんなバイクで現れるのか、楽しみである。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top