スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

銚子ツーリング

この冬最大の寒波が来た2月の週末、快晴の一日ではあったがとても寒い走行となった。

相方の単車も含めETC装着後初のツーリングであり、その割引恩恵を受けるべくアクアライン経由で銚子、犬吠崎まで足を伸ばした。




R0011095.jpg 






海ほたるから千葉、木更津方向を望む。
遠方の煙突の煙の流れから、強い北風が吹いていることがわかる。


R0011094.jpg






新旧空冷CB4発。


R0011100.jpg






今は使われなくなっている銚子漁港のセリ市場。


R0011106.jpg




R0011110.jpg 





R0011112.jpg 





R0011131.jpg 






犬吠崎灯台の98段の階段を昇ると、そこからは丸い地球が見える。


R0011136.jpg





R0011143.jpg 





R0011148.jpg 






R0011152.jpg 






R0011153.jpg 






昭和のオートバイ、2台。


R0011154.jpg





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

廃車体の行く末

 とある大型ホームセンターの広大な駐車場から、JR西日本の車両検修庫を眺めることができる。2月の寒波が通り過ぎ、大雪も一段落した暖かい日差しも指す日であったが、何やら普段目にすることがない遺物が仮設のレールの上に置かれているのに気が付いた。


近寄ってみると、その側枠の色と台車の特徴から、EF81であることがわかった。車に積んでいた35-105mmのマニュアルズームを装着していたNikon D700で盗み撮る。




DSC_7774.jpg 


DSC_7778.jpg








そして、隣には12系の1/4の車体。

こちらは綺麗に再塗装されている。想像するに、最近流行りの鉄道博物館なるものに展示されるための準備車両であるのだろうか。そういえば京都の梅小路蒸気機関車館が大規模鉄道博物館に改装される記事が少し前にあった。でも12系が展示対象車両となるのか?確かに一時期は大量に生産された車両であったけどね。





DSC_7776.jpg




DSC_7777.jpg





一方、EF81の方は残骸が置かれているとしか思えない風体である。切り取られた部分がすでに化粧されて何処かに運ばれたのだろうか?





おまけ。



DSC_7785.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。