廃線の形

 今は人工のせせらぎが流れる遊歩道。隣接する大型スーパーや駅へのアクセスとしては近隣住民にとって
都合のよい通り道である。

R0010863.jpg 





この歩道のアスファルトには一定間隔ごとに金属プレートが打ち込まれている。
約5センチ四方の鈍く光るそのプレートはアスファルトの表面の色と同化し、初めて通る人々に認識される
のは困難である。



R0010861.jpg 
R0010859.jpg 
R0010858.jpg 
R0010857.jpg 
R0010855.jpg 
R0010854.jpg 
R0010852.jpg 
R0010851.jpg 


GR DIGITAL Ⅳ




ここに日本で初のロッキード式モノレールの橋脚が存在していたことが記録されているのである。
一部には橋脚を模したちんけなモニュメントまで存在する。だったら一本ぐらい本物の橋脚をそのまま残して
おけばよかったのに、と思うのである。
1999年 10月11日 PENTAX MZ-5で。



にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top