タイトル変更

本ブログのタイトルを変更しました。テーマがごちゃ混ぜだったので整理するものです。
リンクを張って頂いている方々にはご迷惑をおかけします。

鉄道関連写真は、本ブログ、「国鉄残像」へ。
バイク、特にオフロード関連写真は、「いつまでもオフローダー」へ。
バイク、特に旧車関連は、「あぶら点検窓」へ。

今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

兼六

テレビに取り上げられ有名になった、ある地元の食材を求めて、兼六にあるお店を訪ねてブラブラ。
その食材は私の期待に答えてくれるレベルのものではありませんでしたが、高名観光地に飛び込んでみると、
改めて外国人観光客が多いことに驚きます。特に最近は欧米人が多いようで。




兼六 (1)




兼六 (2)




兼六 (3)




兼六 (4)




兼六 (5)




兼六 (6)




兼六 (7)




兼六 (8)




兼六 (9)




兼六 (10)




兼六 (11)




兼六 (12)




兼六 (13)




兼六 (14)




兼六 (15)




兼六 (16)




兼六 (17)




兼六 (18)




兼六 (19)




兼六 (20)





にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

砂浜で出会ったバイクたち2016

年に一度のイベント、SSTRが今年も開催されました。

舞台は日本全国、ゴールは石川県千里浜海岸。

今年は各地から、1800台以上のバイクが集結しました。

SSTR2016 (1)





トータルコーディネートされたアドベンチャースタイル。


SSTR2016(40).jpg





これは結構レアなバイクです。 でも、ビッグオフカテゴリの確立に貢献したバイクの1台では。


SSTR2016(41).jpg





風防の傾きには理由があるのでしょう。


SSTR2016 (2)






旧車はノーマルが美しいです。


SSTR2016 (3)





ゴール直後は渋滞が始まりました。


SSTR2016 (4)





今年は新型マシンが登場です。


SSTR2016 (5)





冒険ライダー 賀曽利隆さんが、全てのライダーを迎えてくれました。 
風間深志さんも別の場所で、同じく全てのライダーに対し、労をねぎらってくれました。


SSTR2016 (6)





このタンデムの方々とは、磐越自動車道のパーキングや新潟県十日町でもお会いしました。


SSTR2016 (7)





徐々にゴール前も渋滞が始まります。


SSTR2016 (8) 




BMW GSのご夫婦でしょうか。


SSTR2016 (9)





250ccのようですが、改造多数です。



SSTR2016 (10)





積載重量により、砂地へのグリップが強力です。


SSTR2016 (11) 




ダカールラリー車そのもののようです。


SSTR2016 (12) 




この方、昨年はスクーター改造3輪で出場されていました。


SSTR2016(30).jpg



製造国、メーカーは私にはわかりません。


SSTR2016 (14)





ご家族同伴!


SSTR2016 (15)





海岸には長いヘッドライトの列が。


SSTR2016 (16)





女性ライダーも180名程、参加されているとのこと。


SSTR2016 (17) 





90ccで参加の女性。今回はカブ系もたくさん見かけました。


SSTR2016 (18)





「下道上等」 
下道、高速、林道、どんなルート、どんな車種であろうとゴールはここなのです。


SSTR2016 (19) 





名車CB750FOUR !!? よく見るとDOHCです。  


SSTR2016 (20)




ソビエトの大地から参加の3輪か。


SSTR2016 (23)





地元の太鼓がゴール地点に鳴り響きます。


SSTR2016 (21)





今年も道中雨にあったり、また、ゴール地点でも夕日を拝むことはできませんでしたが、、、


SSTR2016 (22)





参加者は皆、この時間、この場所に集まることが目的です。


SSTR2016 (24)





SSTR2016 (25)


ゴーーーーール!!!  また来年。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

河北砂丘

代休を頂いたその平日はまるで初夏を思わせる暑い日。金沢からほど近い海岸へ単車を走らせましたが、半袖のTシャツにメッシュのライダージャケットと、すでに真夏の装備です。内灘砂丘には事実、海水浴を楽しむ輩もおられたぐらいに夏の日を思わせる気候でした。



河北砂丘 (2) 




河北砂丘 (3)







千里浜から続くその砂丘は比較的細かな砂質であるがゆえ、垂直に単車を止めるとしっかりと砂がタイヤを挟んでくれるため、スタントを下ろす必要がありません。



河北砂丘 (4) 




河北砂丘 (5)




河北砂丘 (6)





河北砂丘 (7)





河北砂丘 (8)






内灘海岸から河北干拓地へ。
ここは70年代に潟湖を埋め立てて田園化を目指した広大な農地です。しかし、完成した80年代は既に減反政策が進んでおり、今では結果的に酪農が盛んな地域となっているようです。

北海道を思わせる直線道路が碁盤の目のように配置されています。



河北砂丘 (9) 





河北砂丘 (10)





河北砂丘 (11)





河北砂丘 (12)





河北砂丘 (13)





河北砂丘 (14)





河北砂丘 (15)




地元の人にとっては有名なのかもしれませんが、広大な干拓地のほぼ中央に、酪農家直営のソフトクリーム屋さんがありました。時間の関係で寄ることはできませんでしたが、次回は行ってみたいと思います。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

最近、バイク乗っているけ?


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top